積卸し作業指揮者教育
労働安全衛生規則により、一つの荷でその重量が 100キログラム以上のものを、貨物
自動車等(構内運搬車、貨物自動車又は貨車)に積卸し作業を行うときは、安全を
確保するため、その作業を直接指揮する者を定め業務を遂行するよう義務づけられて
います(安衛則第151条の62及び70,第420条)。

加えて、積卸し作業指揮者には職務に必要な知識を付与するための教育を実施することが必要とされております(昭和60年3月13日付け 基発第133号)。

本教育講習は、厚生労働省(旧労働省)が定めた安全衛生教育実施要領において、作業指揮者の職務遂行に必要な知識等を付与するために示された教育カリキュラムに基づき実施いたします。


平成30年撮影(サンプル)

🔶詳細説明

🔶令和3年度下半期のスケジュール🔶(講習会日程表にリンクしています)

🔶申込書(申込書にリンクしています)

新横浜会場(神奈川県トラック総合会館)横浜市港北区新横浜2-11-1(Googleマップにリンクしています)

受講対象者  一つの荷でその重量が 100キログラム以上のものを、貨物自動車等に積み卸す作業の作業指揮者、
      および新たに選任される方
受講時間  7時間(9時~17時)
受講料金  ¥7,420円(受講料 5,000円+消費税 500円+教材費 1,920円)

【追加講習について】
既に、車両系荷役運搬機械等作業指揮者教育を修了した方は、以下の追加講習(共通部分の省略と必要部分の追加))を受講することで、積卸し作業指揮者教育を修了することが出来ます。

受講対象者  平成26年8月以降に神奈川県支部で開催した「車両系荷役運搬機械等作業指揮者教育」を修了した方
受講時間  3時間(9時~12時)
受講料金  ¥4,400円(受講料 4,000円+消費税 400円)

※追加講習はテキスト持参(購入の場合 1,920円)