車両系荷役運搬機械等作業指揮者教育
労働安全衛生規則により、事業者は車両系荷役運搬機械等を用いて作業を行うときは、当該作業指揮者を定め、作業計画に基づき作業の指揮を行わせなければいけない(安衛則第151条の4)となっております。本教育では、当該教育カリキュラムに基づき、作業指揮者に必要な知識を付与します。

車両系荷役運搬機械等とは・・・
労働安全衛生規則(第151条の2)により、以下の1~7までを車両系荷役運搬機械等と定義しています。
1 フオークリフト
2 シヨベルローダー
3 フオークローダー
4 ストラドルキヤリヤー
5 不整地運搬車
6 構内運搬車(専ら荷を運搬する構造の自動車(長さが4.7メートル以下、幅が1.7メートル以下、高さが2.0メートル以下のものに限る。)のうち、最高速度が毎時15キロメートル以下のもの(前号に該当するものを除く。)をいう。)
7 貨物自動車(専ら荷を運搬する構造の自動車(不整地運搬車、構内運搬車を除く)をいう。)

♦ 平成30年度上半期のスケジュール

♦ 平成30年度下半期のスケジュール

♦ 申込書

新横浜会場(神奈川県トラック総合会館)横浜市港北区新横浜2-11-1

受講時間
受講料金(税込み)
受講対象者
7時間
7,300円
車両系荷役運搬機械等を用いて行う作業を行う作業指揮者となる者

 

【追加講習について】
既に積卸し作業指揮者教育を修了した方は、以下の追加講習(共通部分の省略と必要部分の追加)を受講することで、車両系荷役運搬機械等作業指揮者教育を修了することができます。

受講時間
受講料金(税込み)
受講対象者
3時間
4,320円
平成24年11月以降に神奈川県支部で開催した「積卸し作業指揮者教育」を修了した方。