荷役災害防止の担当者に対する安全衛生教育(陸運事業向け)
平成25年3月に策定された「陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策ガイドライン」では、陸運事業者及び荷主等(荷主、配送先、元請事業者等)の双方が、荷役災害防止のためにそれぞれ取り組むべき事項を具体的に示しています。この中で、陸運事業者及び荷主等は、それぞれ荷役災害防止の担当者を指名し、労働災害を防止するための措置を適切に実施する体制を構築することとされています。本教育では、陸運事業者における荷役災害防止の担当者が、当該職務遂行に必要な知識を付与します。

♦ 平成30年度下半期のスケジュール

♦ 申込書♦

新横浜会場(神奈川県トラック総合会館)横浜市港北区新横浜2-11-1

受講時間
受講料金(税込み)
受講対象者
4時間(半日)
5,000円
陸運事業者から荷役災害防止の担当者に指名された者