new】職場での転倒災害を予防するための取組の推進について(協力依頼)
    ~10月10日の「転倒予防の日」を契機に職場環境の見直しを~(R3.10.14)

⇒ 資料1.転倒災害発生状況 ⇐

⇒ 資料2.「事業主の皆様へ安全・安心な職場づくりに取り組みましょう」リーフレット ⇐

⇒ 資料3.「転倒予防のために適切な靴を選びましょう!」 ⇐

⇒ 資料4.転倒・腰痛予防体操 ⇐

⇒ 資料5.小売業の労働災害発生状況 ⇐

⇒ 資料6.社会福祉施設の労働災害発生状況 ⇐


new】「陸災防労働災害事例生成ツール」のご案内(R3.10.13)

⇒ ご案内はこちら ⇐

⇒ 申込書はこちら ⇐


new】陸上貨物運送事業における労働災害防止に向けたより一層の取組に関する要請書(R3.10.1)

⇒ 要請文はこちら ⇐


new】神奈川県最低賃金が改定されました。(R3.10.1)

⇒ こ ち ら ⇐


高年齢労働者に配慮した陸運業のための労働災害防止対策セミナーを開催します(R3.9.21)

⇒ 申込書はこちら ⇐


令和3年度全国労働衛生週間県央地区推進大会について(R3.9.10)

⇒ 推進大会宣言文はこちら ⇐

⇒ 県央地区推進大会の動画はこちら ⇐

⇒ 資料はこちら ⇐

⇒ 8月・9月の研修予定はこちら ⇐
(神奈川産業保健総合支援センター)


8月以降における熱中症予防対策の徹底について(R3.8.10)

⇒ こ ち ら ⇐


緊急事態措置区域として神奈川県が追加されたこと等を踏まえた職場における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について(R3.8.6)

⇒ こ ち ら ⇐


労働安全衛生法に係る有害物等の輸入通関手続等について(R3.7.21)

⇒ こ ち ら ⇐


令和3年度(第72回)全国労働衛生週間の実施について(R3.7.21)

⇒ こ ち ら ⇐


職場における熱中症予防対策のためのポータルサイトについて(R3.6.14)

⇒ STOP!熱中症クールワークキャンペーン「社内教育に、ポータルサイトを活用しましょう」リーフレットはこちら ⇐

⇒ ポータルサイトはこちら ⇐


令和3年全国安全週間県央地区推進大会開催について(R3.6.11)

⇒ 推進大会宣言文はこちら ⇐

⇒ 県央地区推進大会の動画はこちら ⇐

⇒ 資料はこちら ⇐


今年で94回目となる全国安全週間は、労働災害を防止するために産業界での自主的な活動の推進と、職場での安全に対する意識を高め、安全を維持する活動の定着を目的としています。
事業場では、労使が協調して労働災害防止対策が展開されてきました。この努力により労働災害は長期的には減少しており、令和2年の労働災害による死亡者数は3年連続で過去最少となる見込みです。
一方、休業4日以上の労働災害による死傷者数は、高齢者の労働災害、転倒災害や「動作の反動・無理な動作」による労働災害が年々増加していることに加え、新型コロナウイルス感染症の罹患による労働災害の増加により、平成14年以降で最多となる見込みです。
このような背景を踏まえて今年度のスローガンでは、働く高齢者の増加等の就業構造の変化や新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う社会情勢の変化等に対応し、将来を見据えた持続可能な安全管理を継続して実施していくことにより、すべての働く方が安心して安全に働くことのできる職場の実現を呼びかけています。
厚生労働省では、7月1日(木)から7日(水)までを「全国安全週間」、6月1日(火)から30日(水)までを準備期間として、各職場における巡視やスローガンの掲示、労働安全に関する講習会の開催など、さまざまな取組を行っていきます。(R3.5.6)

~令和3年度のスローガンを決定。
すべての働く方が安全に働くことのできる職場の実現などを呼びかけ~

〈令和3年度の「全国安全週間」スローガン〉
 持続可能な安全管理 未来へつなぐ安全職場

⇒ 実施要綱はこちら ⇐


陸上貨物の荷主、配送先、元請事業者等のみなさま
荷役作業の安全確保が急務です!(R3.4.6)
⇒ リーフレットはこちら ⇐


労働災害が増えています!荷物の積み降ろしを安全に(R3.4.6)
⇒ リーフレットはこちら ⇐


令和2年9月29日付で神奈川労働局労働基準部長から当支部吉田支部長あてに
労働災害防止に向けた要請がありましたので以下に掲載します。(R2.10.5)
労働基準部長要請文

⇒ こ ち ら ⇐

別紙1
⇒ こ ち ら ⇐

別紙2
⇒ こ ち ら ⇐


トラック荷台からの転落を防止する装備品などに関するお問い合わせ先業者一覧表が公表されています。(R2.9.18)
陸上貨物運送事業におけるトラック荷台からの転落を防ぐために(厚労省ホームページ)

⇒ こ ち ら  ⇐

①トラック荷台からの転落を防止する装備品などに関するお問い合わせ先一覧2.9.1
⇒ こ ち ら ⇐

②リーフレットA3用紙・見開き防ぐために(厚労省ホームページ)
⇒ こ ち ら ⇐

③リーフレットA4用紙・4ページ分割
⇒ こ ち ら ⇐


神奈川県内においては、今年に入って陸上貨物運送事業での労働災害が増加しています。
神奈川労働局からの、「労働災害防止に向けた一層の取組の要請について(トラック荷台からの転落防止等荷役災害対策の推進)(R2.8.31)

⇒ こ ち ら ⇐


神奈川労働局長からの、「職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理の強化についての要請について」
以下の資料等が添付されています
(別添4)新型コロナウイルス感染症に係る労災認定事例
(別添2-1)職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト
(別添2-2)新型コロナウイルス感染症に係る職場における集団感染事例
(参考資料6)新型コロナウイルス感染症の陽性者等が発生した場合における衛生上の職場の対応ルール(例)(R2.8.31)

⇒ こ ち ら ⇐


コロナウイルス感染症に対する対応について
新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた労働安全衛生法等に基づく健康診断の実施等に係る対応について

改正されました。

今般、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた一般健康診断等及び安全衛生委員会の開催等に係る猶予について、
3月3日付けの通達が、4月21日付けで改正されましたので情報提供いたします。
改正のポイントは次のとおりです。
〇 一般健康診断
(現行)令和2年5月末までの間、実施時期を延期して差し支えない。
(変更)令和2年6月末までの間、実施時期を延期して差し支えない。
〇 特殊健康診断
(現行)従前のとおり。
(変更)実施することか必要であるが、十分な感染防止対策を講じることに留意すること。
ただし、感染防止対策を講じることが困難な場合等には、
実施時期を6月末まで延期しても差し支えない。
厚生労働省ホームページの「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」も、改正済みです
①新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた労働安全衛生法等に基づく健康診断の実施等に係る対応について
②新旧表「新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた労働安全衛生法等に基づく健康診断の実施等に係る対応について」

・神奈川労働局長からの職場における対応要請
【要請文添付のチェックリスト(P6~P7)で自社の対策状況をご確認ください】

⇒ こ ち ら ⇐


・労働基準監督署・ハローワークにおける新型コロナウイルス感染症
の感染拡大防止に向けた取り組みについて
~届け出・申請などは「電子申請」や「郵送」をご活用ください~
⇒ こ ち ら ⇐

・新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)|厚生労働省
⇒ こ ち ら ⇐

・新型コロナウイルス感染症対策情報 関東運輸局
⇒ こ ち ら ⇐


小企業無災害記録表彰
陸災防では、常時29人以下の労働者を使用する事業場の無災害記録について、表彰を行っています。
詳細と申請書は、は以下のリンクをご覧ください。

⇒ 小企業無災害記録表彰についてはこちら ⇐

⇒ 小企業無災害記録表彰の申請書はこちら ⇐


労働災害発生状況

・令和2年1月1日 ~ 12月31日まで(確定値)

 



下記のリンクからリーフレットがダウンロードできます。ぜひご活用ください。

◇ロールボックスパレット/テールゲートリフター使う前の5つの基本チェックリスト◇

◇改良しましょうロールボックスパレット3つのポイントを提案します!◇

◇ロールボックスパレット使用時の労働災害防止マニュアル 安全に作業するための8つのルール◇

◇テールゲートリフターを安全に使用するために◇

◇高年齢者に配慮した交通労働災害防止のすすめ方◇

◇働く高齢者の特性に配慮したエイジフレンドリーな職場づくりを進めましょう◇

◇労働災害が増えています!荷物の積み降ろしを安全に◇

◇荷役の安全確保が急務です!◇

◇「交通労働災害防止のためのガイドライン」のポイント◇

◇荷役作業時の労働災害を防止しましょう◇

◇荷役作業を安全に◇